スポンサードリンク

貿易実務検定とは

貿易実務検定とは日本貿易実務検定協会が実施している貿易実務能力と貿易英語の能力を判定する検定試験です。

貿易実務検定は貿易実務をレベル毎にA級・準A級・B級・C級に分類されており、一番下のレベルにあたるC級からB級、準A級、A級へと1つずつステップを上がることで、貿易実務が確実に身に付くように体系立てられています。またこれとは別に日本貿易実務検定協会で実施する検定にグローバルビジネス法務C級があります。

貿易実務検定の等級

それぞれの内容については次のとおりです。

  • A級:3〜5年の貿易実務を経験した方を想定した内容。合格率は7%前後で、A級取得者は貿易実務の判断業務を遂行できるレベルと認定されます。
  • 準A級:2〜4年程度の貿易実務を経験した方を想定した内容。合格率は30%前後、準A級取得者は貿易実務において一般的な判断業務を行うことができるレベルと認定されます。
  • B級:貿易実務経験者の中堅層を対象としており、定型業務に加え、手続きの法的根拠や全体の仕組みについての理解を問う内容で、合格率は35%前後。
  • C級:1〜3年の貿易実務を経験した方を想定した内容、定型業務を行うための知識が問われる。合格率は50〜60%。
  • グローバルビジネス法務C級では、国際間の投資や国際取引に必要な知的所有権の知識などを扱います。合格率は50%前後。

グローバルビジネス法務C級はその名前のとおり国際ビジネスに必要な知識、法務、英文ビジネス契約書の知識などについての試験が行われ、外国為替、外国貿易法の理解、国際売買契約の理解などについての知識が試されます。 http://www.boujitsu.com/global_biz/about_global_biz.html

グローバルビジネス法務C級に合格すると、貿易実務検定B級のマーケティング科目が免除されますが、現在グローバルビジネス法務検定は休止中です。

貿易実務検定の受験者数は近年増加の傾向にあります。

貿易実務検定試験は3・7・12月の年3回実施で、受験資格に制限はありません。現在は、貿易の自由化、ビジネスのグローバル化が進むなか、国際間のモノの売買契約ルールである貿易実務に注目が集まっています。

製品の輸出入を扱う企業など海外と直接やりとりをする部署を持つ企業では、貿易実務に精通した人材のニーズは高く、貿易実務検定試験は今後さらに注目されると思います。

貿易実務検定試験日など

貿易実務検定の資格試験は、全国主要都市(仙台・東京・横浜・名古屋・大阪・広島・福岡・沖縄まで全国8つの会場)で行われています。また特定の企業・学校・教育施設等での団体受験も認められています。

科目免除として、国際実務マーケティング協会主催のマーケティング・ビジネス実務検定B級試験に合格された方は、貿易実務検定の次回及び次々回の準A級・B級貿易マーケティングが免除されるなど、科目が免除されることがあります。

合格基準や科目免除については http://www.boujitsu.com/boujitsu/baseline.html を参照してください。

2007年の試験実施日は7/1(日)、12/2(日)です。

試験実施日 受験要項及び願書配布 申込期間 実施試験科目 などについてはこちらを参照ください。 http://www.boujitsu.com/boujitsu/jisshi.html

スポンサードリンク


スポンサードリンク